スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクからのありがとうランチ

ボクは、昨年8月に転院しました。それまでのクリニックでは症例が無くて、先生に自信が無さそうだったし、オゾン療法を受けさせたくて、呉の病院まで行くことにしました。オゾン療法とは、血液にオゾンを注入して、免疫状態を調整する療法です。そちらの病院では、症例もあったし、寛解状態にまでなったワンコもいたので、行くことにしたのです。もちろん、オゾン療法もしていただきましたし、鍼や灸も受けていました。とにかく、少しでも可能性があると思われるものはすべて受けさせたいと思ったんです。

呉へは、高速を使って45分くらいです。週に1、2度の通院は、ぬーなーさんとゆたかさんが連れて行ってくれていました。お二人には、言葉にはできないくらいお世話になりました。それで、ボクが亡くなった後、ボクからのありがとうランチにときどき誘っています。昨日、お二人に来ていただき、とりとめもない、多国籍の料理を作りました。

まず、ぬーなーさんが「メシはまだ?」とせっついたのに、一番最後になってしまった、ご飯。タイ料理のカオマンガイです。骨付きのもも肉を3時間水煮し、ストックを取って、それでご飯を炊きます。よそったら、柔らかくなっている鶏肉をご飯の上に置き、しょうゆやトウチ醤、青と赤の唐辛子、にんにく、しょうがなどで作ったタレをかけ、きゅうり、シャンツァイ、ライム(無かったので、青いレモンで代用)を添えたもの。タレのピリ辛具合がちょうど良くて、きゅうりやレモンも良い仕事をしています。
カオマンガイ

これは、白菜とベーコンのシチュー。ほっこり味です。上には粗ひき黒胡椒と粉チーズを振りかけて。
シチュー

簡単チャーシュー。煮込むものではなく、焼きます。八丁味噌やおろしたまねぎ、みじん切りのパイナップルなどのタレに半日以上漬け込み、焼いたもの。柔らかくて、おいしいです。
チャーシュー

牡蠣を豚ばら肉で巻いて、焼いたもの。にんにくをゆでて、ベースト状にしたものも巻き込んでいます。ほうれん草のソテーを敷いて。
かき

こちらは、ほたての炒め物。エリンギとピーマンも入れてます。味付けは、イカの塩辛とお味噌と少量のお醤油。ほのかにイカの塩辛の味がしますよ。
ほたて

サラダは鴨肉の胡麻サラダ。鴨肉は薄いそばつゆで味付けして、水気を切り、片栗粉を薄くはたいて、さっとソテーします。下の野菜は、あさつき、貝われ、みょうがです。胡麻ドレッシングをかけた上に鴨を置き、煙が出るくらい熱くしたごま油をかけて、いりゴマを振りました。
かも

お刺身は、あっさりと平目です。
刺身

デザートは、アイリッシュクリームを加えた、チョコレートのアイスクリーム。ラズベリーソースを作ろうかと思ったけれど、ハワイで買って帰ったパッションフルーツのジャムをかけてみました。それが、絶妙のおいしさです。
デザート

このところの寒波が来る前、木曜日は10度以上の最高気温との予報だったので、ライアンのシャンプーをしました。いつも洋服を着せているので、良く分からなかったのですが、シャンプーすると、長い毛がいっそうふわふわになって、白いエプロンもきれいです。お尻のあたりがふっくらしているのは、ご飯が多いせいでしょうか?まぁ、いいや、可愛ければね。
ライアン2

シャンプーの後、ご褒美のガムに食らい付いているところ。
ライアン1

「もう一本いただけませんかね」「ダメです」
ライアン3
スポンサーサイト

ボクからの手紙、そしてボクへの手紙

一昨日、思いがけないことに、ボクからの手紙が届きました。ボクがお地蔵さんに頼んで、届けてくれた手紙でした。宛名は「おかあちゃんへ」です。
手紙

おかあちゃん、元気ですか?
ボクは今、犬の国というところにいて、とても元気にしています。
お友達もたくさんできました。
そうそう、若兄ちゃんにも会えたので、いつも一緒におかあちゃんのことお話しています。
おかあちゃん、ボクね、病気になってしまって、ほんとに申し訳なく思ってるんだ。
でも、これがボクの運命だとしたら仕方のないことだから、ボクは残された日々をおかあちゃんと少しでも長く一緒にいられるようにがんばったんだよ。
おかあちゃんがボクのために一所けんめいしてくれたこと、とても感謝しています。
だから、ボクもがんばれたんだ。
ほんとにほんとにありがとう。
だからおかあちゃんも、もう自分のこと責めたりしないでね。
ボクはおかあちゃんの子供でいられてとっても幸せでした。
今、そばにいるライアンのためにも元気でいてね。
大好きな大好きなおかあちゃん。
犬の国から若兄ちゃんとずっとずっと見守っているからね。
またいつか会える日まで元気でね。
じゃあまたね。
       ボクより

お地蔵さん、ボクからの手紙を届けてくださって、ありがとう。色紙もカレンダーもありがとう。おみくじは大吉でした。色紙は、ボクの写真に並べて飾りました。
色紙

それで、ボクへの返事を書きました。

ボクへ
ボク、お手紙ありがとうね。お地蔵さんが届けてくれました。ボクが犬の国へ行って、若兄ちゃんに会えたってことを知って、かあちゃんはほっとしました。若兄ちゃんはちゃんと待っててくれたでしょ?ボクはすぐに分かったでしょ?若兄ちゃんと何をお話したの?かあちゃんが作ってあげたご馳走のこと?お散歩で行った八幡川のこと?そうそう、今日ね、ライアンと一緒に八幡川に行ったよ。川に鴨がいっぱい遊んでいて、ライアンに見せてあげたんだよ。それから、アミーゴに行って、ライアンの好きなささみのガムを買ってあげたんだよ。
ボク、かあちゃんはとても寂しくなったけど、ボクが毎日沢山のお薬を飲んで頑張ってくれたことを誇りに思っています。「ボク、かあちゃんはボクのためなら何でもしてあげるよ、だから、かあちゃんのために頑張ってね」って言ってたから、ボクは力尽きるまで頑張ってくれたんだよね。かあちゃんはよく分かっています。
ボクとかあちゃんは、5年も一緒にいられなかったけど、2人はほんとに仲良しだったよね。ボクはかあちゃんに一杯思い出を残してくれました。CDまで取った審査会、楽しかったマッチショー、日曜日ごとの練習会、それに毎日のお散歩。ボクはかあちゃんの宝物でした。だから、かあちゃんにありがとうなんて言わなくていいんだよ。
かあちゃんが毎日ボクの写真に話しかけてるの、知ってるよね。「ボク、おはよう」、「ボク、今からお買い物に行くから、ライアンを見ててね」、「ボク、おやすみ。今日もライアンは良い子だったよ」って。ライアンは不思議そうな顔をしてるけど、そのうちきっと分かるよね。
犬の国で、若兄ちゃんと一緒に楽しく遊びなさい。かあちゃんが行くまで待っててね。それから、ライアンを守ってやってね。
    かあちゃんより

ボクの笑顔のこの写真が大好きです。
ボク

今日のライアン。
ライ1

アミーゴでおやつを買って、近くの公園で遊びました。
ライ2


イケメン、ライ!

今日は成人の日だというのに、東京や横浜では大雪だとか。晴れ着を着たお嬢ちゃんたちが大変そうでした。広島は朝のうちは雨だったけど、午後は陽も差して、気温も12度もありました。

うちのライアンはずっと室内飼いだったので、トイレも室内でバッチシです。トイレシートを用意してあるのですが、時には、そこで用を足します。でも、散歩のときにした方が開放的で良かろうという、私の思い込みで、朝晩の散歩には連れて出ます。その時にも、必ずします。面白いのは、お客さんの時です。必ず、嬉ションをします。シートの上に行ってするので、構わないのですが、あまり出ることもないのに、必ずします。あまり嬉しすぎて、3度もしたことがありました。

昨日の散歩。近くの公園に行くと、誰も居なかったので、リードを外してみました。そしたら、シープドッグの本領発揮。グルグル走り回り、とっても楽しそう。「ライ!」と呼ぶと、すぐに私のところに帰ってきて、ちょこんと座ります。「お手」のコマンドも入っていて、必死で前足を出してくるし、慌てて両手を揃えて出すこともあります。横顔が凛々しいでしょう?
ライ1

ライ2

ボクはマズルが短くて、太かったけど、ライはほっそりしています。まるで違う犬種のようでしょう?お地蔵さん曰く、ガングロですが、トライという毛色で、こういうのも有りなんです。そして、ライは小顔です。元気で、はつらつと走り回ってくれたら、それだけで十分です。

お正月の黒豆が残ったので、カップケーキを焼きました。まだまだあるので、次は何を作りましょうか?スィートポテトに入れようかな?
黒豆

一年で一番寒い時季ですね。風邪を引かないよう、気をつけてください。

ボクとライアン

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

すっかりご無沙汰してしまいました。忘れ去られているでしょうか?ご存知の通り、去年10月12日に、ボクがお星様になりました。未だに、病状のことや、最期のことなど、平静に書くことなど出来そうにありません。いつか、書ける日は来るかもしれませんので、それまで待っていてください。

亡くなる前に通っていた、呉の石崎動物病院の院長先生からいただいたお礼状(残った免疫抑制剤を送って差し上げたので)の一部を転載します。ボクの闘病の様子を少し分かっていただけるかなと思います。この病院では、先生方や看護婦さんたちがとても優しく接してくださり、皆さんの連名でお悔やみの手紙とお花を送ってくださったのですが、それとは別のものです。

「この度の訃報に際し心よりお悔み申し上げます。高田さんの献身的な看護にもかかわらず、我々の力不足でお役に立つことができず、誠に申し訳なく存じます。ボクがとっても良い子で、文句を言うことなく、素直に薬を飲んで従順に治療に付いてきていただいたのに・・・悔しい思いで一杯です。そして、大学へ行く(輸血のために)前に亡くなられたことも残念でなりません。
お慰みの言葉も見つかりませんが、どうかボクとの良い思い出のみを振り返って頂きたく存じます。また、ぎりぎりまで食欲があったのが救いだったと思います。」

ボクの遺骨は、ハワイの本願寺に納骨しました。12月の12日、丁度二ヶ月目にホノルルに行きました。まさか、6歳と8ヶ月でボクが亡くなり、その納骨に行くことになるなどと夢にも思わないことでした。いつも通り、ダウンタウンからの6番バスを、本願寺の裏手のバス停で降りると、伽藍の向こうに虹がかかっていました。
虹

犬若丸の遺骨と並べて、ボクの遺骨を安置しました。「ボックン、若兄ちゃんと仲良く遊ぶんだよ。母ちゃんが来るのを待っててね」
納骨

本願寺の境内に咲いていた、ゴールデンシャワーツリーの花。
ゴールデンシャワーツリー

ブーゲンビリアなど。
ブーゲンビリア

ピンクの花

ジンジャー

ハワイに行く一週間ほど前に、犬の里親募集のサイトで、シェルティーの里親を募集していらっしゃるのを見つけました。5歳の男の子でした。早速、ぬーなーさんに連絡し、見てもらいました。賛成してくれたので、即応募し、すぐに話がまとまりました。ハワイから帰ったのが17日の夜遅く。丸一日おいて19日に羽田までお迎えに行くことにしました。開港したばかりの岩国錦帯橋空港から発って、お昼にお迎えし、そのまま午後の便で岩国に連れ帰りました。ライアンです。
ライアン

トライの男の子です。ワクチン接種証明書に書かれた誕生日は2007年2月とのこと。日にちが書いてなかったので、ボクと同じ、27日の生まれということにしました。ボクより丁度1歳若い、弟です。ボクの先代犬若丸が亡くなって、ボクを迎えたのは2ヶ月と7日後、今回ライアンを迎えたのもボクが亡くなって2ヶ月と7日後でした。ほんとに奇遇です。ライアンはすぐに慣れてくれました。とっても良い子です。甘えん坊です。私がお布団を敷くと、私より先にお布団を占拠し、「寝ますけど、何か?」って、当然のような顔をしています。ボクがライアンに会わせてくれました。「母ちゃん、ボクの代わりにライアンを可愛がってね」と言っているような気がします。
布団の上

今朝、近所のワンコ友達、ワイヤーフォックステリアのウランくんのママが車で10分ほどの公園に連れて行ってくださいました。ライアンは広いところを思いっきり歩いて、楽しかったようです。帰ってからは爆睡です。
公園で1

公園で2

これから、ライアンをボク同様、よろしくお願いします。
ライアンママ
日傘作りとシェルティーのライアンとボクちゃんをこよなく愛しています。
手作り日傘 虹の樹
↑こちらもご覧下さい♪
ライアンの紹介
ライアンです♪

名  前:ライアン
誕生日:2007/2/27
性  別:男の子
ボクの紹介
ボクです♪

名  前:ボク
誕生日:2006/2/27
性  別:男の子
カレンダー
07 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。