スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同行二人

今日は、京都からお客様がいらっしゃいました。先日、コメントを寄せてくださった「春は曙」さんです。虹の樹の日傘をごらんになって、是非、私(!)に会ってみたいとおっしゃって、はるばるいらしてくださいました。

彼女も、来年には京都で手作り日傘のお店をなさりたいそうで、二人で日傘作りの話に盛り上がりました。それに、日傘の材料に関する貴重な情報も提供してくださり、今まで相談する人も無く、これで良いんだろうかと思いながらも手探りで突き進んできた私は、とっても心強く思いました。これからも、志(大袈裟?)を同じくする二人が、手を携えて、日傘作りに励もうと、意気投合しました。

お昼の食事です。手際の悪い私を見かねて、揚げ物などを手伝ってくださいました。
八寸は、左から牡蠣の柚子釜、イチジクとクリームチーズに生ハム、春菊と塩昆布と松の実の和え物です。
オードブル

ご飯は鯛飯、お吸い物ははまぐり、お刺身は島鯵と烏賊、煮物は鶏肉、栗、銀杏、それに椎茸です。揚げ物はふぐの空揚げに、穴子、紫芋、安納芋、しし唐の天ぷらに、もちろんローソク島の藻塩をあしらって。それに、酢の物は柿なますです。
昼食

来月の東寺での弘法市(古布が沢山出るそうです)にお誘いいただきました。南禅寺界隈の紅葉見物がてら、出かけてみようかと思っています。

A子さま、本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。これに懲りず、広島にも度々いらしてください。

さて、これは、ぬーなーさんとさや姉様におそろで買ってあげたTシャツです。右が前で、左が後ろ。おでぶの会のげんごっちのお母さんことぬーなーさんと、おでぶの会副会長にして、ささみ飲みの迷オーサーのさや姉様に、日頃の記事の更新のご苦労に敬意を表してのプレゼントです。先日の記事での、まわしを締めたげんごっちを見て、すぐさまハワイにオーダーしました。我ながら、このセンスの良さに、天才ではないだろうかと自画自賛中!
Tシャツ
スポンサーサイト

雨の日曜日

今日はお友達のフェアリーさんと、フェルダーシェフというドイツ菓子のお店に歩いて(1時間半くらい?)行く予定だったのに、朝からの小雨で、中止ということになり、残念至極です。こんな中途半端な雨なんか、降らすんじゃあないぞ、お天道さん!近くの小学校では運動会をやっています。中止にするほどの雨ではないと見て、始められたんでしょうが、子供たちは濡れながら走っています。父兄はテントの中で見れるから良いですけど・・・

午後、じゃあと思いついて、ガトーショコラを焼きました。この間、農協(ワタシは農協のお得意さんです)で沢山購入した栗を甘露煮に作っておいたので、それを使ってみました。甘露煮にはくちなしの実を入れて、黄色く仕上げています。さあ、栗入りガトーショコラの完成で~す。は~や~く、来い、来い、ぬーなーさん!
ガトーショコラ

この間、かすみさんにローソク島の藻塩をいただきました。それを天ぷらの添えに使いたいと思っていますが、待ちきれないのでおむすびにしてみました。黒というより茶色に近い塩です。おいしいおむすびになりましたよ。ローソク島というのは、隠岐の島の海岸にある岩なのですが、そのテッペンにちょうど沈む夕日がさしかかると、ローソクに灯がともったように見えるので、ついた名前です。横溝正史の世界かと思っていましたが、あにはからんや、なかなかロマンティックなネーミングでした。さや姉様にいただいた海人の藻塩は、焼き魚には欠かせないものです。重宝しています。お二人ともありがとうございました。
おむすび

そして、お地蔵さん(きぬ工房神田の若女将にして元ちゃんのお母ちゃん)、本当にありがとうございました。手描きのボクの似顔絵のハンカチを送ってくださいました。坊ちゃん育ちのボクの、のほほんとして優しい面差しをよく捉えていらっしゃいます。ふっくらとしたお鼻が、激カワユスです。額に入れて飾ります。家宝にします。
ハンカチ

JCC(日本コリークラブ)広島支部練習会

先週の日曜日と今日、二週続けて、JCC広島支部の練習会に行って来ました。家庭犬競技会のための練習会です。うちから歩いて30分ほどの、水鳥の浜公園で毎週日曜日に行われているので、ボクを連れて参加しました。

家庭犬競技会というのは、訓練の成果を競うものです。4段階あって、最高位まで取得するとユーティリティードッグという資格が与えられます。ボクは訓練なんて全くやったことは無いので、最初の段階の「脚側行進」と「座れ」ができればと思って連れて行きました。それに、毎日一人っきりなので、コリーやシェルティーの仲間と一週間に一度でも出会って、団子になって遊ぶ経験をさせたかったんです。静岡のブリーダーさんのところにはシェルティーが一杯いたのに、広島に来てからは一人っきりでは可哀相だと思ったんです。

先週は、シェルティーの女の子、すみれちゃんとせなちゃんがいました。せなちゃんは、CDX(もう1段階でチャンピオン)まで取得している賢い子です。ノーリードで、パパの言う通りに何でもできます。実は、うちの初代シェルティーの犬千代は、CDXまで取っていて、中四国でトップの賢い子でした。警察犬の訓練所で3年訓練してもらっていたんです。そして、練習会のお世話をしてくださっている方は、奇しくも、その犬千代のブリーダーさんでした。本当に奇遇でした。25年ぶりにお会いしました。ちなみに犬千代は男の子です。加賀百万石を築いた前田利家の幼名なので、名前にあやかって訓練と品評会とでデュアルチャンピオンになり、スタッドフィーを稼いでもらうのが夢だったんですけどね、思い通りには行きません。
写真はすみれちゃん。
すみれちゃん

せなちゃん。ミニシェルティーみたいに小さい子です。
せなちゃん

今日は、ブルーマール(グレイの毛でブルーの目)のコリーのリカちゃん、ブルーマールのシェルティーのマーク君、それにトライ(黒の毛)の女の子のハナちゃんが来ていました。
リカちゃんです。
リカちゃん

リカちゃん、マーク君、ハナちゃんです。
三匹

そしてうちのボク坊ちゃん。
ボク

ボクも男の方にリードを持ってもらって、脚側行進の練習をしました。まだまだですが、「すぐに覚えますよ」と、言われました。お昼に帰ってからは、コトリとも音を立てずに犬舎で寝ていました。疲れたんでしょう。

ぬーなーさんに、全国うまいもの大会のお土産を沢山いただきました。MADAME SHINCOのバウムブリュレ(バウムクーヘンをキャラメリゼしたもので、激ウマでした)、福岡のからしめんたいこ、叙々苑のライスバーガーです。どれもおいしそうでしょ?ありがとん!!!
お土産

Aunt Tossie's Cookies

だいぶ涼しくなったことだし、オーブンを使っても汗もかかないだろうと思って、久しぶりにクッキーを焼いてみました。クッキーを焼きながら、さだまさしのCDをかけて、浅田次郎の本を読むのが、私の至福の時間です。シアワセとはこのことです。ボクはクッキーの匂いだけで超興奮すると思うので、この場には登場させません。

私のクッキーは、アメリカンクッキーです。ですから、一旦生地を作れば、丸めて延ばし焼くだけです。いたって簡単!

ミセスフィールズというクッキー屋さんが全米に展開していますが、そこのクッキー本を見て、焼き始めたものです。でも、ほとんどがそのままではなくて、私のオリジナルを加味しています。これが、ミセスフィールズのクッキー本。ぼろぼろ、ばらばらになったので、これは2冊目です。右のはチョコレート本。
クッキー本

ミセスフィールズのクッキー本を翻訳するので出版して欲しいと、東京の出版社に掛け合ったことがありました。「主婦の友」社が興味を示してくれて、かなり良いところまでいったのですが、アメリカのロイヤリティーが高くて、最後でポシャリました。10年くらい前のことです。残念でした!

今回焼いたクッキーたちです。
クッキー1
左から時計まわりに、オートミールとクルミとチョコレートチップのクッキー、ピーナツバターのクッキー、オレンジとチョコレートチャンクのクッキー、バナナとくるみとチョコレートチップのクッキーです。

クッキー2
抹茶とマカダミアナッツとホワイトチョコレートチャンクのクッキー、レモンとポピーシードのクッキー、パイナップルとマンゴーのジャムにココナツのクッキー、それにホリデークッキー(ココアのクレッセントとアーモンドのボール)です。試食もしていないので、砂糖を入れ忘れたのがあるかもしれません(笑)。

鯉ちゃんに会った日

今日は、シアワセな一日でした。憧れの鯉ちゃんに会えたんです。鯉太郎ファンクラブ会長としては、是非一度お目にかかりたいものとかねてから願っておりましたが、その積年の希望が叶えられました!

まず、ぬーなー号で、呉まで連れて行ってもらい、呉にて、さや姉さま、ゆたかさんと合流して、早めの昼食(いせ屋という食堂でトンカツ丼と豚汁)を済ませ、小さな島へ向かいました。

さや姉さまのご実家に着くと、はや中から鯉ちゃんの歓迎の泣き声が!そして、出迎えてくれました!生鯉ちゃんにとうとう会えました。会長は喜びにうち震え、声も出ませんでした。早速、持参したセーターを着せると、これが激似合い!やっぱり、私の鯉ちゃんは、思った通りにカワユスでした。
フクダとたわむれる鯉ちゃんです。
フクダと

お尻の十字模様に、さや姉さまが最近気づいたそうです。そう言えば、見えなくもない・・・
お尻

鯉ちゃんを囲んでおしゃべりした後で、いつも散歩するという安芸灘大橋のたもとの公園まで行き、そこでまた、遊びました。海辺のがんぎ(海への階段を広島ではこう呼びます)の上で。
公園1

公園2

さや姉さま、今日はいろいろとありがとうございました。
お昼のトンカツ丼、おいしゅうございました。
エーデルワイズのクリームパイ、おいしゅうございました。
巴屋のアイスもなか、おいしゅうございました。
ボクへのおみやげの数々、ありがとうございました。スペアリブはいたく気に入って、すぐに食べました。コッペパンは、きのこ君にとって換わって、一番のお気に入りとなりました。すでに、つばでべとべと状態です。
私へのプレゼントまで、ありがとうございました。
心優しきご主人と、お父様、お母様にくれぐれもよろしくお礼申し上げてくださいね。

命日

今日は、若ちゃんの命日です。1年前の今日、午後3時10分に息を引き取りました。多発性皮膚型リンパ腫でした。6月のはじめに、耳の前にボール状のものができて、それを摘出する手術を受け、細胞診をしてもらった結果、リンパ腫と分かりました。周りの組織に浸潤も見られたので、2、3ヶ月だろうと宣告されました。抗がん剤治療をするかどうか、すごく迷いましたが、延命の確証がないし、老体には副作用がきついので止めてもらい、免疫療法でなんとか夏場を凌いだのです。でも、臓器への転移は防ぎようもなく、下痢と嘔吐の繰り返しで、食欲もなくなりました。

その頃通っていた獣医さんに、重篤になっても往診はできないと言われ、どうしたら良いだろうかといろいろと探して、新しい獣医さんを見つけました。往診と夜間診療専門の獣医さんでした。新しい獣医さんは、初めてやって来たとき、犬舎の若ちゃんを見て、「何という名前ですか?」とまず尋ねられました。「犬若丸ですが、若ちゃんて呼びます」と言うと、「若くん」と呼びかけて、犬舎から出し、体中を触られました。リンパ腫ですから、リンパ節を通して体中に転移します。それを確かめるためでした。以前の獣医さんは、決して名前を呼んでくれなかったこと、体に触ろうとしなかったことを思い出し、その瞬間に「この先生に変えてよかった。死ぬまで診てもらおう」と決めました。「若ちゃん、先生に診てもらおうね」と言うと、若ちゃんも安心したようでした。

先生には抗がん剤治療はしないことを申し上げました。理解してくださって、ホモトキシコロジーという自然療法を薦められました。ドイツからお薬を輸入するので、少し時間がかかるのと、高価なのですが、と言い難そうにおっしゃるので、良いと思われることは何でもしてくださいと申し上げました。免疫療法で飲ませているサプリも見ていただきました。転移して出てきたイボ状のものにつけると不思議に消えてしまったクリームなど、以前の獣医さんはバカにして一顧もされませんでしたが、新しい獣医さんは、ひとつひとつ同意してくださいました。(若ちゃんが亡くなった後で、その獣医さんは、飼い主さんのメンタル面でのショックを考えると、あまり効果は無いと思われる療法でも、やることに反対はしません、と言われました。抗がん剤治療こそしなくても、他にできることは全部やった、手を尽くしたと飼い主さんを納得させてあげることも大切だとの意見でした。私もそれには大賛成です。)

昼間お勤めしている私は、イザというときのために有給休暇は残しておきたいと思い、それでも気になって、ぬーなーさんに時々散歩をお願いしていました。公園で一本気なヤツを出しましたと写メールを送ってきてくれたときなど、本当に安心したものです。9月の27日に、散歩に連れて出ても、歩くのが」つらそうで、半分は抱っこしないといけないようになりました。オシッコもオレンジ色に近くなりました。その晩、病院に連れて行きました。レントゲンを撮りましたが、素人目にも肝臓全体への転移がはっきりと分かりました。その晩から24時間点滴が始まりました。

現在は日傘の工房と化している縁側を病室にしました。サークルを置き、点滴ポールを立て、マットを敷いて、看病してやりました。獣医さんは毎日3度往診してくださいました。夜間診療が終わった夜中の12時にも来られます。苦しくないようにとTタッチというマッサージをしてくださいました。マッサージをしてもらうと、気持ち良さそうに眠ります。私は若ちゃんの前脚を握って、隣で休みます。りんごをすって、蜂蜜を混ぜて飲ませようと台所に立つと、点滴のコードを引っ張ったままで、後を追います。亡くなる前日まで、私の後を追おうとして立ち上がっていました。私が抱いて、点滴を持って、いつもの散歩コースまで連れて行き、立たせるとオシッコをしていました。29日の夜、最後のウンチもしました。亡くなる前日には、近所のお宅から大八車を借りて来ました。夜、それにマットごと運び、寝かせたままで、いつもの散歩コースを一回りしました。「毎日よく散歩したね。えらかったね」と見納めをさせました。

その夜中から嘔吐がひどくなり、黒い胃液のようなものを吐くようになったので、翌朝、獣医さんに睡眠導入剤を注射してもらいました。半分目を開けて、すやすやとよく眠りました。そして、眠ったままで逝きました。苦しまずに逝けたことは本当に良かったと心から思っています。

若ちゃんは3匹めのシェルティーでした。オーバーサイズで、ショーになど出せるようなものではなかったのですが、穏やかな、優しい子でした。私が癌治療のために入院していた半年近くもの間、留守番をしていてくれました。一年に多いときは4度もハワイへ行く私のために、留守番をしていてくれました。だから、一番可愛いのです。遺骨は今でも仏壇にあります。いつかハワイに住むことを目標にしていた私は、若ちゃんをハワイに連れて行こうと本気で考えていました。「ワイキキビーチでお散歩」が、二人の合言葉でした。ですから、ホノルルの本願寺に納骨するつもりです。ボクもようやく慣れてくれましたから、来年にはハワイへ行けそうです。

今朝はお仏飯を供え、お経のテープを流しました。ボクのおやつのささみジャーキーも少し失敬して供えました。今晩は、ボクを抱いて、仏壇の前で若兄ちゃんの話を聞かせてやります。(じっとしてるかな?)

6年前、8歳の若ちゃんです。
若1

若2



なんだか、重~い、長~い話題でごめんなさい。でも、可愛いワンコやニャンコともいつかはお別れがやってきます。皆さんにそのことを忘れないでいて欲しかったんです。
ライアンママ
日傘作りとシェルティーのライアンとボクちゃんをこよなく愛しています。
手作り日傘 虹の樹
↑こちらもご覧下さい♪
ライアンの紹介
ライアンです♪

名  前:ライアン
誕生日:2007/2/27
性  別:男の子
ボクの紹介
ボクです♪

名  前:ボク
誕生日:2006/2/27
性  別:男の子
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。